自己紹介

松尾 和典 (まつお かずのり)

社会貢献

寄生蜂の同定(国内外の研究機関や愛好家からの依頼)

 平成23年度 110種 16000個体以上

 平成24年度 45種 22905個体

 平成25年度 35種 3099個体

 平成26年度 64種 1597個体

 平成27年度 99種 2192個体

 平成28年度 62種 1329個体

 平成29年度 27種 5504個体

 平成30年度 25種 143個体(9月2日時点)

 

自然観察会への参加

 「親子で発見!夜の昆虫ウォッチング」福岡市油山自然観察の森(福岡県)

   2009年5月31日、7月25日(講師)

   2008年7月19、26日、2010年7月31日(ボランティア)

 

高等学校におけるスーパーサイエンスハイスクール活動の支援

 平成23年度 福岡県立修猷館高等学校

 平成24年度 福岡県立八幡高等学校

 

標本や情報の提供

 岳麓新聞 2013年4月7日 日曜さろん「一冊の本から⑨」

 岳麓新聞 2013年4月14日 日曜さろん「一冊の本から⑩」

 神奈川県立生命の星・地球博物館 特別展「どうする?どうなる!外来生物 

  とりもどそう私たちの原風景」2014年7月19日-11月3日

 学研の図鑑LIVE 昆虫 [監] 岡島秀治 ISBN: 978-4052038617

 日本産ハナバチ図鑑 [編] 多田内修・村尾竜起 ISBN: 978-4829988428

 クモの科学最前線 [編] 宮下直 ISBN: 978-4-8326-0761-3

 ハチのくらし大研究 松田喬 ISBN: 978-4-569-78589-9 

 平成29年度九州大学総合研究博物館 公開展示「新種発見! 昆虫冒険旅行」2017年8月15日-8月31日

 農業共済新聞 2018年8月8日 病害虫防除最前線

 

寄生蜂の同定に関する研修会の実施

 2016年7月22日 クリタマバチの寄生蜂(開催場所:九州大学)

 2017年3月6日 キャッサバ圃場で見られる昆虫類(開催場所:University of Battambang, Cambodia)

 2017年4月20日 寄生蜂の科レベルの同定(開催場所:九州大学)

 2017年5月5日 寄生蜂の科レベルの同定(開催場所:Nong Lam University, Vietnam)

 2017年9月6日 寄生蜂の科レベルの同定(開催場所:九州大学)

 2017年9月14日 寄生蜂の科レベルの同定(開催場所:University of Battambang, Cambodia)

 2018年8月30日ー9月2日 果樹カメムシの卵寄生蜂(開催場所:九州大学)

 

学術会議の運営

 (Local Organizer) Ninth International Congress of Hymenopterists. 23–27 July 2018 Ehime University, JAPAN.

 

受賞など

平成23年度 九州大学生物資源環境科学府賞 受賞

博士号の早期取得(平成22年4月-平成24年9月;農学博士)

平成25年度 日本昆虫学会学会賞 受賞(共同受賞)

平成29年度 獣医学術九州地区学会九州地区獣医師連合会長賞 受賞(共同受賞)

 

査読経験雑誌

Applied Entomology and Zoology

Biological Control

Entomologia Experimentalis et Applicata

Entomological Science

Japanese Journal of Systematic Entomology

Journal of Asia-Pacific Entomology

Journal of Entomological and Acarological Research

Journal of Plant Protection Research

Tijdschrift voor Entomologie 

Oriental Insects

Journal of Pest Science

 

学術論文(査読あり)

34. Odaka M, Matsuo K, Ogino K, Kanazawa T, Baba R, Sakata Y, Asada K, Kasa S, Takai K, Maeda K (2018) Efficacy of a novel mixture of substances derived from food and food additives for controlling Dermanyssus gallinae (Acari: Dermanyssidae). Applied Entomology and Zoology (accepted)
33. Matsuo K, Hirose Y, Yokoyama T, Nakajima Y, Hsu YF, Banno Y (2018) Discovery of a new species of Telenomus (Hymenoptera: Scelionidae) parasitic on eggs of Bombyx mandarina and Bombyx mori (Lepidoptera: Bombycidae) in Japan and Taiwan. Journal of Insect Science 18(4): 10; 1–7.
32. Elsayed AK, Matsuo K, Kim W, Uechi N, Yukawa J, Gyoutoku N, Tokuda M (2018) A new Asphondylia species (Diptera: Cecidomyiidae) and a eulophid wasp (Hymenoptera) inducing similar galls on leaf buds of Schoepfia jasminodora (Schoepfiaceae), with reference to their ecological traits and a description of the new gall midge.
Entomological Science 21: 324–339.
31. Matsuo K, Fujii T, Tokuda M, Ganaha-Kikumura T, Yukawa J, Yamagishi K (2018) Descriptions of two new species of Platygaster Latreille that attack gall midges (Diptera: Cecidomyiidae) with notes on their biology (Hymenoptera: Platygastridae). ZooKeys 754: 113–125.
30. Yukawa J, Yoshimura H, Matsuo K, Kim W (2017) New record of an alien gall midge, Oligotrophus betheli (Diptera: Cecidomyiidae) on a North American Juniperus horizontalis (Cupressaceae) in Japan, with reference to its ecological traits and possibility of further dispersal and host range expansion. Applied Entomology and Zoology 52:417-427.
29. Matsuo K, Takagi E (2016) New host records of Macrodasyceras japonicum (Ashmead, 1904) (Hymenoptera: Torymidae), with notes of its morphology. Japanese Journal of Systematic Entomology 22: 175–178
28. Yukawa J, Miyamoto K, Yamaguchi T, Takesaki K, Uechi N, Matsuo K (2016) Key-factor/key-stage analysis of long-term life table data for a fruit gall midge, Asphondylia sphaera (Diptera: Cecidomyiidae). Ecological Entomology 41: 516–526.
27. Matsuo K, Ganaha-Kikumura T, Ohno S, Yukawa J (2016) Description of a new species of Aphanogmus Thomson (Hymenoptera, Ceraphronidae) that parasitizes acarivorous gall midges of Feltiella (Diptera: Cecidomyiidae) in Japan. Zookeys 596: 77-85
26. 村尾竜起・松尾和典 (2016) キバナヒメハナバチ Andrena knuthi 雄の越夜集団に関する知見. 中国昆虫 29: 19-20.
25. Shimoda T, Matsuo K, Yara K, Hinomoto N (2016) A simple plant trap for collecting acariphagous insect predators and their parasitoids. Applied Entomology and Zoology 51: 233-240
24. 松尾和典・本田知大・糸山享・外山晶敏・広瀬義躬 (2016) ツヤアオカメムシ(カメムシ目:カメムシ科)の卵寄生蜂3種の発見. 日本応用動物昆虫学会誌 60: 43-45.
23. Yukawa J, Nakagawa K, Kohno A, Tokuda M, Kiritani K, Matsuo K, Mitsui H, Fujii T (2016) Geographical and annual variations in the proportion of extended diapausing individuals of Illiciomyia yukawai (Diptera: Cecidomyiidae), with reference to an adaptive significance of its bimodal emergence patterns. Entomological Science (accepted)
22. Matsuo K, Uechi N, Tokuda M, Maeto K, Yukawa J (2016) Host range of braconid species (Hymenoptera: Braconidae) that attack Asphondyliini (Diptera: Cecidomyiidae) in Japan. Entomological Science 19: 3-8.
21. Kobayashi C, Matsuo K, Watanabe K, Nagata N, Suzuki-Ohno Y, Kawata M, Kato M. (2015) Arms race between leaf rollers and parasitoids: diversification of plant-manipulation behavior and its consequences. Ecological Monographs 85: 253–268.
 
20. Kim W, Matsunaga K, Gyoutoku N, Matsuo K, Minami T, Yukawa J (2015) Life history strategy and adult and larval behavior of Macrodiplosis selenis (Diptera: Cecidomyiidae), a species that induces leaf-margin fold galls on deciduous Quercus (Fagaceae). Entomological Science 18: 470–478.
 
19. Fujii T, Matsuo K, Abe Y, Yukawa J, Tokuda M (2014) An endoparasitoid avoids hyperparasitism by manipulating immobile host herbivore to modify host plant morphology. PLOS ONE 9: e102508.
 
18. Kim W, Yukawa J, Harris KM, Minami T, Matsuo K and Skrzypczynska M (2014) Description, host range and distribution of a new Macrodiplosis species (Diptera: Cecidomyiidae) that induces leaf-margin fold galls on deciduous Quercus (Fagaceae) with comparative notes on Palaearctic congeners. Zootaxa 3821: 222–238.
 
17. Matsuo K, Hirose Y and Johnson NF (2014) A taxonomic issue of two species of Trissolcus (Hymenoptera: Platygastridae) parasitic on eggs of the brown-winged green bug, Plautia stali (Hemiptera: Pentatomidae): Ressurrection of T. plautiae, a cryptic species of T. japonicus revealed by morphology, reproductive isolation and molecular evidence. Applied Entomology and Zoology 49: 385–394.

 

16. Matsuo K, Uechi N, Tokuda M and Yukawa J (2013) Taxonomic position and ecological traits of Sigmophora tricolor (Hymenoptera: Eulophidae), a parasitoid of Asphondylia yushimai (Diptera: Cecidomyiidae), and description of a new species of Sigmophora. Applied Entomology and Zoology 48: 355-363.

 

15. Tokuda M, Matsuo K, Kiritani K and Yukawa J (2013) Insect galls found on Ohshima, Kozushima and Niijima Islands, the Izu Islands, Tokyo, Japan. Acta Dipterologica 25: 1-16.

 

14. Fujii T, Yoshitake H, Matsuo K and Tokuda M (2012) Collection records of Darumazo distinctus (Coleoptera, Curculionidae) from galls induced by Asteralobia sasakii (Diptera, Cecidomyiidae) on the Izu Islands, Japan. Japanese Journal of Systematic Entomology 18: 253-256.

 

13. Matsuo K (2012) An endoparasitic species of Pteromalidae (Hymenoptera: Chalcidoidea) attacking Aphidoletes aphidimyza (Diptera: Cecidomyiidae). Applied Entomology and Zoology 47: 373–378.

 

12. Matsuo K, Yang MM, Tung GS, Tokuda M and Yukawa J (2012) Description of a new and redescriptions of two known species of Torymus (Hymenoptera: Torymidae) in Taiwan with a key to Taiwanese species. Zootaxa 3409: 47–57.

 

11. Yara K, Matsuo K, Sasawaki T, Shimoda T and Moriya S (2012) Influence of the introduced parasitoid Torymus sinensis (Hymenoptera: Torymidae) on T. koreanus and T. beneficus as indigenous parasitoids of the chestnut gall wasp Dryocosmus kuriphilus (Hymenoptera: Cynipidae) on chestnut trees in Nagano Prefecture, Japan. Applied Entomology and Zoology 47: 55-60.

 

10. Abe Y, Bhuyan M, Mech J, Bhattacharyya PR, Ide T, Mishima M, Suyama C, Sato S, Matsuo K and Wachi N (2012) Discovery of an oak gall wasp (Hymenoptera: Cynipidae) inducing galls on deciduous oak trees in India. Entomological Science 15: 340-342.

 

9. 徳田誠・松尾和典・湯川淳一 (2012) 伊豆諸島の御蔵島と青ヶ島で発見された虫えい. 昆蟲(ニューシリーズ)15: 75-84.

 

8. Tokuda M, Matsuo K and Yukawa J (2012) Insect galls found on Miyakejima and Hachijojima, the Izu Islands, Tokyo, Japan. ESAKIA 52: 59-66.

 

7. 湯川淳一・笹富広一郎・佐藤信輔・松尾和典・藤井智久 (2012) 宮崎県小林市岩瀬川渓谷で採集された虫えい形成タマバエ類. まくなぎ 24: 1-12.

 

6. Yukawa J, Ikenaga H, Sato S, Tokuda M, Ganaha-Kikumura T, Uechi N, Matsuo K, Mishima M, Tung GS, Paik JC, Ren BQ and Dong XY (2012) Description and ecological traits of a new species of Pitydiplosis (Diptera: Cecidomyiidae) that induces leaf galls on Pueraria (Fabaceae) in East Asia, with a possible diversification scenario of intraspecific groups. Entomological Science 15: 81-98.

 

5. Matsuo K, Yara K, Kagoshima K, Tuda M and Moriya S (2011) Finding of Torymus koreanus (Hymenotera: Torymidae) attacking Dryocosmus kuriphilus Hymenoptera: Cynipidae) in Japan. Entomological Science 14: 100-102.

 

4. Matsuo K (2010) A redescription of Torymus sapporoensis Ashmead and description of a new species of Torymus Dalman (Hymenoptera: Torymidae) parasitizing Paratephritis fukaii (Diptera: Tephritidae) in Japan. Zootaxa 2410: 53-58.

 

3. Yukawa J, Kiritani K, Kawasawa T, Higashiura Y, Sawamura N, Nakada K, Gyotoku N, Tanaka A, Kamitani S, Matsuo K, Yamauchi S and Takematsu Y (2009) Northward range expansion by Nezara viridula (Hemiptera: Pentatomidae) in Shikoku and Chugoku Districts, Japan, possibly due to global warming. Applied Entomology and Zoology 44: 429-437.

 

2. 松尾和典・湯川淳一 (2009) 日本産Torymus属(膜翅目:オナガコバチ科)の寄主範囲と分布記録. 環動昆 20: 133-135.

 

1. Matsuo K and Yukawa J (2009) Two new species of Torymus Dalman, 1820 (Hymenoptera: Torymidae) parasitizing Celticecis japonica Yukawa & Tsuda, 1987 (Diptera: Cecidomyiidae) that induce leaf galls on Celtis species (Ulmaceae) in Japan. Entomological Science 12: 261-269.

 

学術論文(査読なし)

8. 松尾和典 (2017) コバチ上科の種多様性と生態的多様性. 昆虫と自然 52: 13-16.

 

7. 松尾和典 (2016) 果樹カメムシ類の卵寄生蜂―分類基盤の整備と利用への展望―. 植物防疫 70: 589-593.

 

6. 松尾和典 (2016) 侵入害虫デイゴヒメコバチによる被害とその対策. 昆虫と自然 51: 9-11.

 

5. 金井賢一・松尾和典・湯川淳一 (2014) ツワブキケブカミバエParatephritis fukaii(ハエ目:ミバエ科)とその寄生蜂2種を鹿児島県黒島で発見. Pulex 93: 637-638.

 

4. 松尾和典・東浦祥光 (2014) 皇居で発見されたコバチ上科(ハチ目). 国立科学博物館専報 50: 479-484.

 

3. 松尾和典・屋良佳緒利・鹿児嶋久美子・津田みどり・守屋成一 (2013) クリタマバチ寄生蜂、チョウセンオナガコバチ(ハチ目:オナガコバチ科)の国内初発見と識別法. 植物防疫 67: 445-449.

 

2. 湯川淳一・金旺奎・松尾和典 (2013) 福岡県大野城市四王寺山で多発したクリタマバチのゴール. Pulex 92: 611-612.

 

1. 松尾和典・湯川淳一・徳田誠 (2012) バリバリノキエダタマバエの屋久島における分布確認記録. Pulex 91: 594-595.

 

その他

1. Matsuo K, Watanabe K, Ide T, Wachi N (2018) Program and list of participants. Ninth International Congress of Hymenopterists, 23–27 July 2018, Ehime University, JAPAN.

 

小集会の企画

1. 阿部芳久・松尾和典. ゴール研究:基礎と応用に関する最近の話題. 第61回日本応用動物昆虫学会大会合同大会, 東京農工大学, 2017年3月.

 

学会発表(口頭)

87. Hirose Y, Honda H, Matsuo K. Overwintering female aggregations of Trissolcus spp. (Hymenoptera: Scelionidae) under the bark of zelkova trees at Japanese village shrines. 9th International Congress of Hymenopterists, 愛媛大学, 2018年7月23–27日.

 

86. Adachi-Hagimori T, Barry A, Abe A, Akiyama H, Matsuo K, Sato K, Ohno K. Egg parasitoids of the tea green leafhopper, Empoasca onukii (Hemiptera: Cicadellidae) in tea fields. 9th International Congress of Hymenopterists, 愛媛大学, 2018年7月23–27日.

 

85. Matsuo K, Takahashi A, Tabuchi K. Exploration for major egg parasitoids of Plautia stali, Halyomorpha halys and Glaucias subpunctatus in Japan. 第62回日本応用動物昆虫学会大会, 鹿児島大学, 2018年3月25-27日.

 

84. 齊藤準・朝日冴佳・松尾和典. ウスタビガ蛹に寄生したヒメコバチ. 平成30年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会, 名古屋大学, 2018年3月19-20日.

 

83. Kim W, Minami T, Tokuda M, Matsuo K, Harris KM, Yukawa J. Two new and a known species of Kiefferia (Diptera: Cecidomyiidae) from Japan and Korea, with reference to their distribution, host range and life history pattern. 7th International Symposium on Cecidology, Taiwan, 2018年3月3-8日

 

82. 安達鉄矢・Adema Barry・阿部青葉・秋山空隆・松尾和典・佐藤邦彦・大野和朗. 茶園におけるチャノミドリヒメヨコバイの卵寄生蜂の種構成. 九州病害虫研究会第95回研究発表会, 熊本市, 2018年2月.

 

81. 小高真紀子・荻野和正・笠正二郎・浅田研一・松尾和典. 食品および食品添加物由来の環境衛生資材を活用したワクモDermanyssus gallinae対策の検討. 平成29年度日本産業動物獣医学会(九州地区), 沖縄コンベンションセンター, 2017年10月.

 

80. 松尾和典・Sophary Khin・Sam Layheng (University of Battambang)・Le Khac Hoang・Nguyen Tuan Dat・髙須啓志. カンボジアとベトナムにおけるキャッサバコナカイガラムシの寄生蜂相.  日本昆虫学会第77回大会, 愛媛大学, 2017年9月.

 

79. 安田慶次・喜友名朝次・玉城雅範・清水優子・春日大輔・湯川淳一・松尾和典・徳田誠・上地奈美・喜久村智子. デイゴヒメコバチQuadrastichus erythrinaeの天敵デイゴカタビロコバチEurytoma erythrinaeの環境影響評価. 平成29年度亜熱帯森林・林業研究会研究発表会, 沖縄県, 2017年8月.

 

78. 松尾和典・轟雄右・藤田諭・遠藤淳・沼田英治・三田敏治・広瀬義躬. ナガメの卵寄生蜂の発見. 第61回日本応用動物昆虫学会大会合同大会, 東京農工大学, 2017年3月.

 

77. 松尾和典. 果樹を加害するカメムシ類の卵寄生蜂. 第61回日本応用動物昆虫学会大会合同大会, 東京農工大学, 2017年3月.

 

76. 湯川淳一・吉村弘之・松尾和典・キムワンギュウ. 外来植物を寄主とする外来タマバエ、過去の記録と新発見種の同定、生態. 第61回日本応用動物昆虫学会大会合同大会, 東京農工大学, 2017年3月.

 

75. Matsuo K, Tomita M, Honda T, Takahashi A, Furihata S, Mita T, Tabuchi K, Itoyama K, Toyama M, Johnson NF, Hirose Y. Egg parasitoids of stink bugs infesting fruit trees in Japan, with special reference to the egg parasitoid guild of Halyomorpha halys (Hemiptera: Pentatomidae). XXV International Congress of Entomology, USA, 2016年9月.

 

74. 松尾和典. ナス圃場で見られるムシと減農薬法への活用~徳島での取り組み~. 天敵勉強会講演会, 熊本市, 2016年7月.

 

73. 松尾和典. 天敵昆虫の探索と利用に向けた研究. 日本昆虫学会九州支部第78回例会, 福岡市, 2016年6月.

 

72. 松尾和典. 果樹カメムシ類の卵寄生蜂. 日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会大会合同大会, 堺市, 2016年3月.

 

71. 松尾和典・冨田真理紗・三田敏治・田渕研・高橋明彦・降幡駿介. 卵塊設置によるクサギカメムシ卵寄生蜂調査. 日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会大会合同大会, 堺市, 2016年3月.

 

70. 安田慶次・喜友名朝次・玉城雅範・松尾和典・徳田誠・上地奈美・喜久村智子・湯川淳一. デイゴヒメコバチQuadrastichus erythrinaeの天敵デイゴカタビロコバチEurytoma erythrinaeの寄主範囲の検討. 日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会大会合同大会, 堺市, 2016年3月.

 

69. 中野昭雄・松尾和典・松﨑正典・中西友章. 'ゴマまわし'によるタバコカスミカメの露地ナスでの定着. 第25回天敵利用研究会, 静岡市, 2015年12月.

 

68. 松尾和典・中野昭雄・下田武志・日本典秀・香川理威・森光太郎・中島哲男・平岡正. バンカーシートを利用したナス苗へのスワルスキーカブリダニ放飼と定植後の定着. 第25回天敵利用研究会, 静岡市, 2015年12月.

 

67. 阿部成人・中野昭雄・松尾和典松﨑正典. 外来種クビアカツヤカミキリ(Aromia bungii)に対する防除薬剤の検討. 第60回四国植物防疫研究協議会大会, 高知市, 2015年11月.

 

66. 中野昭雄・今井健司・松﨑正典・阿部成人・松尾和典・中西友章. 2015年に徳島県内で発見された外来種クビアカツヤカミキリ(Aromia bungii)の発生および被害の実態. 第60回四国植物防疫研究協議会大会, 高知市, 2015年11月.

 

65. 藤井智久・松尾和典・阿部芳久・湯川淳一・徳田誠. マサキタマバエ(ハエ目:タマバエ科)を寄主とするPlatygaster sp.(ハチ目:ハラビロクロバチ科)の寄主操作により生じた寄生蜂の種間関係の変化. 九州病害虫研究会第90回研究発表会, 長崎市, 2015年11月.

 

64. 湯川淳一・宮本和久・山口卓宏・嶽崎研・上地奈美・松尾和典. Key factor/key stage analysis によるイボタミタマバエ生命表の分析. 第75回日本昆虫学会, 九州大学, 2015年9月.

 

63. 藤井智久・松尾和典・徳田誠・上地奈美・金旺奎・湯川淳一. タブウスフシタマバエ(ハエ目:タマバエ科)に寄生するSimplicibracon curticaudis (ハチ目:コマユバチ科)の寄生戦略の解明. 第75回日本昆虫学会, 九州大学, 2015年9月.

 

62. 松尾和典・広瀬義躬・Norman F. Johnson. Trissolcus属(ハチ目:ハラビロクロバチ科)の新しい寄主範囲としてのノコギリカメムシ科(カメムシ目)の発見. 第75回日本昆虫学会, 九州大学, 2015年9月.

 

61. Mita T, Matsuo K. Species composition and seasonal occurrence of egg parasitoids of Plautia stali. Welcome Minisymposium for Dr. Hoelmer, 九州大学, 2015年7月.

 

60. 松﨑正典・中野昭雄・秋月学・松尾和典. 冬春・夏秋イチゴ栽培でのアカメガシワクダアザミウマの利用に向けて. 第59回日本応用動物昆虫学会, 山形大学, 2015年3月.

 

59. 広瀬義躬・横山岳・松尾和典・伴野豊. チョウ目昆虫の卵寄生蜂のカイコ卵への寄生には卵の硬さとサイズが影響する. 第59回日本応用動物昆虫学会, 山形大学, 2015年3月.

 

58. 松尾和典・本田知大・糸山享・外山晶敏・広瀬義躬. ツヤアオカメムシの卵寄生蜂の初発見. 第59回日本応用動物昆虫学会, 山形大学, 2015年3月.

 

57. 松尾和典スワルスキーカブリダニのナス苗への早期定着方法の検討. 平成26年度徳島県植物防疫関係試験研究発表会, 徳島, 2015年3月.

 

56. 松崎正典・中野昭雄・秋月学・松尾和典・豊田周子・武田光能・大西純・北村登史雄. 粘着板に誘殺されたタバココナジラミからのTYLCV保毒検定と有効性の確認. 平成26年度近畿中国四国農業試験研究推進会議病害虫推進部会問題別研究会, 福山, 2015年3月.

 

55. 松尾和典・中野昭雄・下田武志・日本典秀・香川理威・森光太郎・平岡正. スワルスキーカブリダニのナス苗への早期定着方法の検討. 平成26年度近畿中国四国農業試験研究推進会議病害虫推進部会問題別研究会, 福山, 2015年3月.

 

54. 泊妙子・横山岳・伊藤克彦・松尾和典・広瀬義躬. クワコの卵寄生蜂Telenomus sp.の系統解析. 第1回蚕糸・昆虫機能利用関東地区学術講演会, 東京農工大学, 2015年2月.

 

53. Matsuo K. Host range of braconids attacking Asphondyliini (Diptera: Cecidomyiidae). International seminar: Research frontiers on global diversity and evolution of parasitoid wasps, 神戸大学, 2015年1月.

 

52. 松尾和典・徳田誠・安田慶次・上地奈美・湯川淳一. デイゴヒメコバチの生物的防除資材、Eurytoma erythrinae(ハチ目:カタビロコバチ科)の寄主範囲の検討. 第24回天敵利用研究会, 福岡, 2014年12月.

 

51. 中野昭雄・松尾和典・秋月学・松崎正典・中西友章. ナスの露地栽培と施設栽培におけるタバコカスミカメの循環利用について. 第24回天敵利用研究会, 福岡, 2014年12月.

 

50. 松尾和典・中野昭雄. バンカーシートを利用したナス苗へのスワルスキーカブリダニの早期定着方法の検討. 第24回天敵利用研究会, 福岡, 2014年12月.

 

49. キムワンギュウ・南常雄・徳田誠・松尾和典・湯川淳一. 日本と韓国におけるセリミタマバエ Kiefferia pericarpiicola(ハエ目:タマバエ科)の発見と寄主範囲、生活史特性. 第74回日本昆虫学会, 広島大学, 2014年9月.

 

48. 河野太祐・松尾和典・東浦祥光・丸山宗利. ゴール形成性タマバエ類(ハエ目:タマバエ科)に寄生するNeanastatus sp.(ハチ目:ナガコバチ科)の分類学的検討. 第74回日本昆虫学会, 広島大学, 2014年9月.

 

47. 湯川淳一・中川耕人・河野明広・徳田誠・松尾和典・藤井智久. シキミタマバエ(ハエ目:タマバエ科)の年1化型と2年1化型個体の出現比率の年次変動と地理的変異. 第74回日本昆虫学会, 広島大学, 2014年9月.

 

46. 藤井智久・松尾和典・湯川淳一・桐谷圭治・阿部芳久・徳田誠. 環境要因および虫えいの形質がイヌツゲタマバエ(ハエ目:タマバエ科)の寄生蜂群集に及ぼす影響. 第74回日本昆虫学会, 広島大学, 2014年9月.

 

45. 松尾和典・行徳直久・上地奈美・湯川淳一. ボロボロノキメフクレフシから得られたCeratoneura 属(ハチ目:ヒメコバチ科)の分類学的地位と生活史に関する考察. 第74回日本昆虫学会, 広島大学, 2014年9月.

 

44. Kim W, Matsuo K, Yukawa J. Taxonomic study of Macrodiplosis sp. (Diptera: Cecidomyiidae) and the rapid induction of leaf-margin fold galls by the first instars. 8th International Congress of Dipterology, ドイツ, 2014年8月.

 

43. 久保慎也・松尾和典・湯川淳一・東正志・吉原勝利・臼井陽介. 与論島 と 沖永良部島への デイゴヒメコバチ(ハチ目:ヒメコバチ科)の侵入および奄美大島と喜界島でのデイゴヒメコバチ寄生蜂の発見. 第58回日本応用動物昆虫学会, 高知大学, 2014年3月.

 

42. 松尾和典・久保慎也・東正志・吉原勝利・臼井陽介・湯川淳一. デイゴにゴールを形成する侵入害虫デイゴヒメコバチ(ハチ目:ヒメコバチ科)に寄生するEupelmus urozonus(ハチ目:ナガコバチ科)の種内変異と生物的防除資材としての評価. 第58回日本応用動物昆虫学会, 高知大学, 2014年3月.

 

41. 松尾和典・徳田誠・上地奈美・湯川淳一. 日本産 Asphondylia 属(ハエ目:タマバエ科)に寄生する Eurytoma 属(ハチ目:カタビロコバチ科)の分類学的地位と寄主範囲. 第73回日本昆虫学会, 北海道大学, 2013年9月.

 

40. 小林知里・松尾和典・河田雅圭. 潜葉性チョッキリにおける葉巻きの効果~操作実験による検証~. 第73回日本昆虫学会, 北海道大学, 2013年9月.

 

39. キムワンギュウ・松尾和典・松永紀代子・行徳直久・湯川淳一. ナラハベリオレタマバエ Macrodiplosis sp.(ハエ目:タマバエ科)の1齢幼虫による急速なゴール形成. 第73回日本昆虫学会, 北海道大学, 2013年9月.

 

38. 松尾和典・広瀬義躬. チャバネアオカメムシの主要卵寄生蜂チャバネクロタマゴバチには2種が混同されている. 第57回日本応用動物昆虫学会, 日本大学, 2013年3月.

 

37. 徳田誠・川内孝太・松尾和典・岩崎由美・菊池健・江崎逸郎・菱井徹・篠木秀紀.スダジイタマバエの分類学的地位と生態特性および伊豆諸島における分布と密度. 第57回日本応用動物昆虫学会, 日本大学, 2013年3月.

 

36. 川内孝太・松尾和典・岩崎由美・菊池健・江崎逸郎・菱井徹・篠木秀紀・徳田誠. 伊豆諸島で大発生したスダジイタマバエの分類学的地位と生活史. 平成24年度日本昆虫学会九州支部会, 佐賀大学, 2012年12月.

 

35. 三田敏治・松尾和典. 農業害虫を利用する寄生性ハチ類の分類学. 第72回日本昆虫学会, 玉川大学, 2012年9月.

 

34. 金旺奎・松尾和典・松永紀代子・行徳直久・南常雄・湯川淳一. ナラハベリオレタマバエ Macrodiplosis sp.(ハエ目:タマバエ科)の生活史戦略と成虫期の行動. 第72回日本昆虫学会, 玉川大学, 2012年9月.

 

33. 松尾和典・山岸健三・藤井智久・徳田誠・湯川淳一. マサキタマバエ(ハエ目:タマバエ科)に寄生するPlatygaster属(ハチ目:ハラビロクロバチ科)の分類学的地位. 第72回日本昆虫学会, 玉川大学, 2012年9月.

 

32. Fujii T, Matsuo K, Yukawa J, Abe Y and Tokuda M. A koinobiont parasitoid manipulates its host cecidomyiid to modify gall morphology to avoid hyperparasitism. 24 th International Congress of Entomology, 韓国, 2012年8月.

 

31. 湯川淳一・池長裕史・佐藤信輔・徳田誠・喜久村智子・上地奈美・松尾和典・三島美佐子・董景生・白種哲・保青任・晓宇董. クズトガリタマバエの種内グループの分化過程と中琉球における分布空白地帯. 第56回日本応用動物昆虫学会, 近畿大学, 2012年3月.

 

30. 徳田誠・松尾和典・湯川淳一・桐谷圭治. 三宅島における火山活動がシロダモタマバエ個体群に及ぼした影響. 第56回日本応用動物昆虫学会, 近畿大学, 2012年3月.

 

29. 松尾和典・後村佳奈子・安部順一朗・湯川淳一. ショクガタマバエ(ハエ目:タマバエ科)に寄生するGastrancistrus属(ハチ目:コガネコバチ科)の発見と頭部形態に関する考察. 第56回日本応用動物昆虫学会, 近畿大学, 2012年3月.

 

28. 松尾和典・横山岳・中島裕美子・伴野豊・広瀬義躬. クワコ卵寄生蜂の再発見と台湾調査報告. 第82回日本蚕糸学会, 九州大学, 2012年3月.

 

27. 松尾和典・徳田誠・湯川淳一・桐谷圭治. 伊豆諸島のタマバエ相(ハエ目:タマバエ科). 平成23年度日本昆虫学会九州支部会, 鹿児島大学, 2011年12月.

 

26. 弘岡拓人・松尾和典・湯川淳一. 無農薬イチゴハウス内におけるヒラタアブの産卵行動. 第82回九州病害虫研究会, 大分県労働福祉会館, 2011年11月.

 

25. 藤井智久・松尾和典・阿部芳久・湯川淳一・徳田誠. 植物形態操作を介したハラビロクロバチの一種による高次捕食寄生回避戦略. 第71回日本昆虫学会, 信州大学, 2011年9月.

 

24. 広瀬義躬・横山岳・松尾和典・伴野豊. わが国におけるクワコの卵寄生蜂の再発見とその意義. 第71回日本昆虫学会, 信州大学, 2011年9月.

 

23. 金旺奎・松永紀代子・松尾和典・湯川淳一. コナラハベリオレタマバエ(ハエ目:タマバエ科)の発見とその生態学的基礎情報. 第71回日本昆虫学会, 信州大学, 2011年9月.

 

22. 松尾和典・徳田誠・上地奈美・湯川淳一. ハリオタマバエ族(ハエ目:タマバエ科)の寄生蜂の寄主範囲と寄生戦略. 第71回日本昆虫学会, 信州大学, 2011年9月.

 

21. 松尾和典・上地奈美・徳田誠・湯川淳一. ダイズサヤタマバエ(ハエ目:タマバエ科)に寄生するヒメコバチ(ハチ目:ヒメコバチ科)の分類学的再検討、および、生活史に関する考察. 第71回日本昆虫学会, 信州大学, 2011年9月.

 

20. 藤井智久・松尾和典・小舟瞬・湯川淳一・桐谷圭治・阿部芳久・徳田誠. シキミタマバエ(ハエ目:タマバエ科)の捕食寄生蜂相. 第55回日本応用動物昆虫学会, 九州大学, 2011年3月.

 

19. 広瀬義躬・横山岳・松尾和典・伴野豊. カイコの卵寄生蜂の存在とその意義. 第55回日本応用動物昆虫学会, 九州大学, 2011年3月.

 

18. 松尾和典・上地奈美・徳田誠・行徳直久・湯川淳一. ダイズサヤタマバエ(ハエ目:タマバエ科)の捕食寄生蜂相. 第55回日本応用動物昆虫学会, 九州大学, 2011年3月.

 

17. 徳田誠・松尾和典・湯川淳一・桐谷圭治. 三宅島のシロダモタマバエ個体群はなぜ衰亡したのか. 第70回日本昆虫学会, 山形大学, 2010年9月.

 

16. 藤井智久・松尾和典・湯川淳一・桐谷圭治・阿部芳久・徳田誠. 伊豆半島と伊豆諸島におけるイヌツゲタマバエ(ハエ目:タマバエ科)の捕食寄生蜂群集の比較. 第70回日本昆虫学会, 山形大学, 2010年9月.

 

15. 阿部芳久・井手竜也・三島美佐子・須山知香・佐藤信輔・松尾和典・和智仲是・Bhuyan M・Mech J・Bhattacharyya PR. インドにおけるナライガタマバチ(膜翅目:タマバチ科)の発見とその生物地理学的意義. 第70回日本昆虫学会, 山形大学, 2010年9月.

 

14. 松尾和典・江東權・楊曼妙・董景生・湯川淳一・徳田誠. 日本と台湾のタブノキ属植物(クスノキ科)に多様な形状のゴールを形成するDaphnephila属タマバエ(ハエ目:タマバエ科)の捕食寄生蜂相. 第70回日本昆虫学会, 山形大学, 2010年9月.

 

13. 屋良佳緒利・笹脇彰徳・松尾和典. 長野県のチュウゴクオナガコバチ放飼地におけるチュウゴクオナガコバチと近縁土着寄生蜂の遺伝的相互作用. 第54回日本応用動物昆虫学会, 千葉大学, 2010年3月.

 

12. 松尾和典・喜久村智子・大野豪・湯川淳一. Feltiella属ハダニ捕食性タマバエ類(ハエ目:タマバエ科)に寄生するAphanogmus属未記載種(ハチ目:ヒゲナガクロバチ科)の発見. 第54回日本応用動物昆虫学会, 千葉大学, 2010年3月.

 

11. 徳田誠・松尾和典・湯川淳一. 八丈島と三宅島のシロダモタマバエ個体群. 平成21年度日本昆虫学会九州支部会, かんぽの宿別府, 2009年12月.

 

10. 松尾和典・湯川淳一・徳田誠. シロダモタマバエの寄生蜂相. 平成21年度日本昆虫学会九州支部会, かんぽの宿別府, 2009年12月.

 

9. Tuda M, Matsuo K, Yara K, Kagoshima K, Murakami Y, Ohkubo N and Moriya S. Genetic diversity of Torymus species among islands off Kyushu.

Japan - Italy joint international symposium, 筑波農林研究交流センター, 2009年11月.

 

8. Matsuo K. Species diversity and host range of Torymus species in Japan. Japan - Italy joint international symposium, 筑波農林研究交流センター, 2009年11月.

 

7. 徳田誠・松尾和典・湯川淳一・桐谷圭治・三島美佐子. 伊豆半島および伊豆諸島におけるシロダモタマバエの分布と密度、および、寄主との同時性の比較. 第69回日本昆虫学会, 三重大学, 2009年10月.

 

6. 松尾和典・徳田誠・湯川淳一・桐谷圭治・三島美佐子. 常緑樹にゴールを形成するタマバエ類の寄生蜂相ー伊豆地方の場合ー. 第69回日本昆虫学会, 三重大学, 2009年10月.

 

5. 東浦祥光・中川浩二・澤村信生・山田剛・中田健・竹松葉子・松尾和典・湯川淳一. 中国地方におけるミナミアオカメムシの分布拡大状況. 第53回日本応用動物昆虫学会, 北海道大学, 2009年3月.

 

4. 松尾和典・湯川淳一. ツワブキケブカミバエ(ハエ目:ミバエ科)に寄生するTorymus属(ハチ目:オナガコバチ科)の分類学的研究. 第53回日本応用動物昆虫学会, 北海道大学, 2009年3月.

 

3. 松尾和典・湯川淳一. エノキトガリタマバエ(ハエ目:タマバエ科)に寄生するオナガコバチ相(ハチ目:オナガコバチ科)の解明. 第68回日本昆虫学会, 香川大学, 2008年9月.

 

2. 松尾和典・湯川淳一. ゴール形成者に寄生するTorymus属(ハチ目:オナガコバチ科)の寄生戦略. 第52回日本応用動物昆虫学会, 宇都宮大学, 2008年3月.

 

1. 松尾和典・湯川淳一. 日本産ゴール形成性タマバエ類(ハエ目:タマバエ科)に寄生するオナガコバチ相(ハチ目:オナガコバチ科)解明への第1歩. 第67回日本昆虫学会, 神戸大学, 2007年9月.

 

学会発表(ポスター)

18. Nguyen TD, Matsuo K and Takasu K. Individual rearing of the cassava mealybug and its koinobiont parasitoid on germinated broad bean seeds. The 5th International Entomophagous Insects Conference, 京都, 2017年10月.

 

17. 徳田誠・松尾和典・湯川淳一・桐谷圭治. 伊豆諸島の虫えい形成タマバエ相. 第59回日本応用動物昆虫学会, 山形大学, 2015年3月.

 

16. Kim W, Matsunaga K, Gyotoku N, Matsuo K, Minami T and Yukawa J.

Life history strategy and adult behavior of Macrodiplosis sp. (Diptera: Cecidomyiidae) that induces leaf margin fold galls on Quercus (Fagaceae).

11th INTECOL Congress, イギリス, 2013年8月.

 

15. 松尾和典・湯川淳一・徳田誠. バリバリノキエダタマバエの分布確認記録. 平成24年度日本昆虫学会九州支部会, 佐賀大学, 2012年12月.

 

14. 藤井智久・吉武啓・松尾和典・徳田誠. 伊豆諸島でイヌツゲタマバエのゴールから発見されたダルマクチカクシゾウムシ. 平成24年度日本昆虫学会九州支部会, 佐賀大学, 2012年12月.

 

13. Kim W, Matsunaga K, Gyotoku N, Minami T, Matsuo K and Yukawa J. Macrodiplosis (Diptera: Cecidomyiidae) in Japan and Korea together with information on their ecological traits and gall induction on Quercus (Fagaceae). 24th International Congress of Entomology, 韓国, 2012年8月.

 

12. Matsuo K, Abe J, Atomura K and Yukawa J. A pteromalid (Hymenoptera: Chalcidoidea) parasitizing larvae of Aphidoletes aphidimyza (Diptera: Cecidomyiidae) and the first finding of the facial pit in Chalcidoidea. 24th International Congress of Entomology, 韓国, 2012年8月.

 

11. 小林知里・松尾和典・渡辺恭平・加藤真. 植物加工様式ごとに特徴的なオトシブミ科の寄生蜂群集~寄生蜂は葉巻きの進化にいかに関わったのか?~. 第59回日本生態学会, 龍谷大学, 2012年3月.

 

10. 徳田誠・松尾和典・湯川淳一・桐谷圭治. シロダモタマバエの分布や個体群密度に影響を与える要因. 第26回個体群生態学会, 横浜国立大学, 2010年9月.

 

9. 徳田誠・松尾和典・湯川淳一・桐谷圭治. 植食性昆虫の分布制限要因としてのフェノロジーの非同時性と新芽の凍霜害. 第74回日本植物学会, 中部大学, 2010年9月.

 

8. Fujii T, Matsuo K, Abe Y, Yukawa J and Tokuda M. Does an endoparasitoid manipulate the host insect to modify plant morphology against hyperparasitism? Japan-Netherlands Seminar on Parasitoid Biology, 東京大学, 2010年8月.

 

7. 藤井智久・松尾和典・阿部芳久・湯川淳一・徳田誠. 捕食寄生蜂が寄主昆虫を操作して植物の形態を変化させる?-植物形態操作を介した一次捕食寄生者による高次捕食寄生回避戦略-. 第12回日本進化学会, 東京工業大学, 2010年8月.

 

6. Tokuda M, Matsuo K, Yukawa J and Kiritani K. Factors affecting abundance and distribution of Pseudasphondylia neolitseae (Diptera: Cecidomyiidae). 7th International Congress of Dipterology, コスタリカ, 2010年8月.

 

5. Matsuo K, Tokuda M, Kiritani K, Mishima M and Yukawa J. Comparison of parasitoid communities between insular and mainland populations of Pseudasphondylia neolitseae (Diptera: Cecidomyiidae) in the Izu district, Japan. 7th International Congress of Hymenopterists, ハンガリー, 2010年6月.

 

4. 徳田誠・松尾和典・湯川淳一・桐谷圭治・三島美佐子. 三宅島におけるシロダモタマバエ個体群の衰亡. 第25回個体群生態学会, 同志社大学, 2009年10月.

 

3. Tokuda M, Matsuo K, Yukawa J, Kiritani K and Mishima M. Population decline of Pseudasphondylia neolitseae (Diptera: Cecidomyiidae) on Miyake Island, Japan, due to volcanic eruptions of Mount Oyama and asynchrony with host plant phenology, possibly related to global warming. 5th International Symposium on the Biology of Gall inducing Arthropods, ブラジル, 2009年8月.

 

2. Matsuo K, Tokuda M, Yukawa J, Kiritani K and Mishima M. Parasitoid community centered upon gall midges (Diptera: Cecidomyiidae) associated with evergreen trees on volcanic islands. 5th International Symposium on the Biology of Gall inducing Arthropods, ブラジル, 2009年8月.

 

1. Matsuo K. Detection of two new species of the genus Torymus (Hymenoptera: Torymidae) parasitizing Celticecis japonica (Diptera: Cecidomyiidae) in Japan. 23rd International Congress of Entomology, 南アフリカ, 2008年7月 

2018年9月2日更新